男性脱毛の先駆者

男性向け脱毛サロンを日本に広めたのが、リンクスの元代表取締役社長である都築寛史です。それまでは長らく脱毛といえば女性がするものという認識が日本には根強く残っていたのですが、彼が登場してきてからは様子が一変しました。今では男性も脱毛サロンに通って美しい肌を手に入れることが珍しいことではなくなりつつあります。

男性がムダ毛で悩んでいる部位

脱毛器

毎日処理しなければならない口周りのヒゲ

毎朝のヒゲ剃りが面倒だという男性は多いです。カミソリで剃るにしてもシェーバーで剃るにしても、どうしても時間がかかってしまうからです。また、毎日のヒゲ剃りは肌荒れの原因となることも多いです。さらに言えば、ヒゲ剃りグッズを揃えるのにもお金はかかります。脱毛サロンに通い、こうした問題を解消したいと考えている人は相当数に上ります。

胸毛をコンプレックスにしている人も多い

胸毛があることをコンプレックスに感じている日本人男性も少なくありません。胸毛のせいで女性とお付き合いをすることができないという人までいるのです。胸毛は割と目立つ部位にありますし、生えている範囲も広く、自分で処理をするのは大変です。そのあたりも悩みの種となる原因なのでしょう。

手の甲や指に生えた毛で悩んでいる人も

手袋などをしない限り、基本的に手は常に露出した状態にあります。日常生活はもちろん、仕事の現場でも手は多くの人の目にさらされることとなります。そのせいか、手の甲や指に生えた無駄毛を気にする人も少なくありません。手の無駄毛を処理していないと清潔感が失われますし、飲食店などでは悪いイメージを持たれてしまうこともあります。

脱毛施術できれいな肌に仕上げることが可能

ムダ毛は、自分で剃って処理をすることも可能です。しかし、剃るとどうしても肌が荒れてしまいます。剃り残しが出ることも多いですし、毛根から処理するわけではないので肌が青っぽく見えてしまうこともあります。脱毛サロンで処理をしてもらうと、そうした問題の多くは回避できます。特殊な機器を使い毛根から処理していくため、自分で剃るよりも美しい肌を手に入れやすいのです。

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違い

レーザー脱毛なら太い毛でも処理可能

基本的にレーザー脱毛は、照射範囲が狭く、出力が高いという特徴を持っています。そのため、太い毛の処理には適しています。出力が強い分、痛みを感じるケースも少なくありませんが、現在では最もメジャーな脱毛方法の一つになっています。

産毛処理に向いているフラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛では、カメラのフラッシュのような光で毛根にダメージを与えていきます。そのため、レーザー脱毛のような強い痛みを感じることはありません。また、光が広範囲に照射されるので、効率的に脱毛を進めていける点も特徴的です。現在では、産毛の処理に多く使われています。

ムダ毛悩みは代表取締役社長を務めた都築寛史設立のリンクスへGO!

施術を受ける男性

リンクスが人気を集めている理由

男性向けの脱毛サロンは数多く存在していますが、その中でもリンクスの人気は圧倒的です。リンクスが人気を集めているのは、その価格の安さにあります。従来の脱毛サロンと比較をしても圧倒的にリーズナブルで、大きな貯金がなくても気軽に脱毛処理を進めていくことができます。衛生面に気を使ってくれていたり、最新の脱毛マシンを用意してくれたりと、顧客の信頼を得るための努力を欠かさない点も大きいです。