HOME>Column>代表取締役社長を務めた都築寛史氏が目指したリンクスの特徴

代表取締役社長を務めた都築寛史氏が目指したリンクスの特徴

男性

男性用脱毛サロンNo.1

美容というと以前は女性だけのものと考えられがちでしたが、最近では男性の間でも多くの人が気に掛けるようになりました。男性向けの化粧品やエステティックサロンといったものも年々増加していますが、その中でも独特の存在感を放っているのがメンズ脱毛専門店のリンクスです。リンクスは、長らく代表取締役社長を務めた都築寛史氏により2008年に創業されたエステティックサロンです。脱毛サロンも男性向けのエステティックサロンも決して珍しいものではありませんが、リンクスがユニークなのは男性のためだけの脱毛サロンである点です。2018年9月現在、社員220名・全国44店舗の体制でメンズ脱毛のリーディングカンパニーとして大きな人気を集めています。

脱毛器

顧客第一の充実のサービス

男性専用の脱毛サロンであるリンクスには、数多くの特徴があります。施術に使用する装置やジェルなどへのこだわりと安心安全な技術力、もちろん衛生面に対する配慮も万全です。きめ細かなメニューと明確かつリーズナブルな料金設定も魅力ですが、何よりも最大のメリットはおもてなしの精神にあります。リンクスのおもてなしは、長らく代表取締役社長を務め現在は会長の職にある都築寛史氏の下で育まれてきました。利用者第一主義による顧客目線でのサービスの追求は、リンクスの至る所に現われています。中でも特徴的なのが、全スタッフが正社員であること、施術のすべてが男性によって行われること、無期限80%オフのアフターサービスなどです。リンクスは、男性の目線に立った男性のための唯一無二の脱毛サロンです。